グーグルアドセンス



2017年1月30日月曜日

軽量Linux:日本語化が簡単な PuppyLinux Puplets Pupjibaro Jessie 6.4.1 に Chromiumをインストールして rootで起動する方法!

軽量Linux:日本語化が簡単な PuppyLinux Puplets Pupjibaro Jessie 6.4.1 に Chromiumをインストールして rootで起動する方法!







 Pupjibaro Jessie 6.4.1 は https://sourceforge.net/projects/pupjessie/files/ からダウンロードできます。

 先日も、書いたように DebianベースのPupletsでありながら、シノバーさんの ランゲージパックを導入するだけで日本語化ができます。

 最も、新しいランゲージパックは lang_pack_ja-2.0.sfs を利用するとよいでしょう。

 現在のデスクトップです。



 さて、僕のお気に入りのブラウザは、Google ChromeとOperaですが、残念ながらGoogle Chromeは32ビット版の開発を停止してしまっているので、互換性のある Chromiumを導入することにしました。

 Chromiumの最新版は、Debianベースの Pupjibaro Jessie であれば簡単にPuppyパッケージマネージャーからインストールできます。



 これで、簡単にChromiumはインストールできるのですが、PuppyLinux は root で動作しているため、このままでは、Chromiumを起動することができません。

 そこで、デスクトップ上にChromiumのショートカットを作成し、プログラムに渡す引数に "$@" --user-data-dir を追加します。



 これで、Chromium が rootで起動できるようになります。

続いて、Chromiumブラウザに flash player を認識させる方法です。これは、ずいぶん悩みましたが、僕が運営しているブログで、明示的に flash player がある場所と バージョンを プログラムに引き渡せばいいことを教えてくれる方がいて、Chromiumでもfalsh playerが使用できるようになりました。

具体的には、プログラムに渡す引数に

--ppapi-flash-path=/usr/lib/pepperflashplugin-nonfree/libpepflashplayer.so --ppapi-flash-version=24.0.0.194

として、Chromiumを起動します。

しかし、これだけでは、Chromiumでflash player を動作させることはできません。

アドレスバーに Chrome://plugins と入力して、flash player を常に許可するにチェックを入れることが必要です。



これで、やっと Chromiumでflash player を動作させることができるようになりました。



 脆弱性で、たびたび話題になる flash player ですが、やはり必要なプラグインになっています。

 一度、ChroimiumをPuppyLinuxに導入できると、ほとんどの仕事はChromium上で完結してしまいます。

 それだけ、Chromiumの力は絶大になってきました。拡張機能を導入すると様々な活用ができます。



------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE 節約生活

 給料も頭打ちになり、物価も上がっている時に外食なんてもっての外ですが、はなまるうどんだけは別です。ふたりでかけうどん、きつねうどん、からあげを トッピングしても500円くらいですみます、揚げ玉やショウガ、ネギが無料なので、満腹になります。




スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく

0 件のコメント:

コメントを投稿