グーグルアドセンス



2017年1月19日木曜日

軽量Linux:最新の antiX16.1 を日本語化、日本語入力を可能にしました!

軽量Linux:最新の antiX16.1 を日本語化、日本語入力を可能にしました!







 最新版の antiX16.1 を日本語化、ibus での日本語入力を可能にしました。

参考にしたのは、antiXの日本語サイトですが、うまく行かない部分がありました。修正しながら、 解説したいと思います。

https://ja.osdn.net/projects/sfnet_antix-linux/howto/usageにおいて、

antiX の日本語化の手順では、

1 メニュー - アプリケーション - アクセサリ - metapackage-installer を選択と書いてありますが、

これは、メニュー → アプリケーション → システムツール → metapackage-installer となっています。



Languageをプルダウンして、下の図のように、チェックものをインストールしました。必ず、japanease_Font, japanease_Input、japanease_Input_fcitx はインストールします。他のものはFirefox ESRのメニューの日本語化やLibreOfficeの日本語化です。



2  /etc/default/keyboard を root 権限で開き、編集します。

XKBMODEL="jp106"

XKBLAYOUT="jp"

キーボード入力をすぐに反映したい時はターミナルで、setxkbmap jp を入力。または一度 antiX を再起動します。

僕は、再起動しました。

3 3. ~/.profile を開いて、下記を追加します。

export XMODIFIERS='@im=IBUS'

export GTK_IM_MODULE="ibus"

export QT_IM_MODULE="ibus"



 僕は、~/.profile の末尾に追加しました。

4 ~/.initrc-custom を開き、下記を追加すると書かれていますが、~/.initrc-customのようなファイルは見当たりませんし、作成してもibus-deamonは起動しませんでした。

ibus-daemon -d -x

これは、メニュー→ Control Centre →セッション→ユーザーデスクトップセッションのstartupに

ibus-daemon -d -x

を記述するとうまくいきました。





5 さらに、メニュー→アプリケーション→システムツール→Synaptic アプリケーションから

zenity

をインストールして、再起動すると ibux-mozc が使用できるようになりました。

このブログの記事自体も antiX16.1 で書いているので間違いないと思います。

なお、メニューの文字化けは起こりませんでした。

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE 今日は雨模様です

 今日は、昨日より暖かく、雨模様です。喘息気味の僕にとって楽な天気です。




---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく

0 件のコメント:

コメントを投稿