グーグルアドセンス



2016年8月5日金曜日

軽量Linux:DebianDogをフルインストールすると相当速い! DebianDogを仕事で使えるようにしたすべて!インストール編

軽量Linux:DebianDogをフルインストールすると相当速い! DebianDogを仕事で使えるようにしたすべて!インストール編








今日も、高温注意報がでるくらい暑いです。

しばらく、DebianDogの魅力にはまってしまい、ついついブログを更新するのが疎かになっていました。
さて、今回は軽量LinuxであるDebianDogのインストールから始まり、仕事に活用できるまでをまとめていきたいと思います。

先日紹介した通り、今日は 1 DebianDogのフルインストーについて説明したいと思います。

全体の作業は以下の通りです。

1 DebianDogのフルインストール
2 軽量ブラウザPale Moonのインストールと日本語化
3 FlashPlayerのインストール
4 wine環境の構築
5 AdbeAirのインストール
6 Kindke及び役立つMS WINDOWSのフリーソフトのインストール
7 LibreOfficeによるオフィス環境の構築となっています。

* DebianDogのフルインストール

1 まず、DebianDogを下記のURLからダウンロードして、インストールメディアを作成します。インストールするコンピュータによって、PAEかnoPAEかを選択してください。

http://ftp.riken.go.jp/Linux/simosnet-livecd/debiandog/

2 インストールするメディアをフォーマットします。僕はいつもUSBメモリを使用していますが、内部のハードディスクでも作業自体は同じことです。32GBのUSBメモリを下の図のようにパーティションを作成し、/dev/sdb4 に
DebianDogをインストールしました。

2016-08-05-114755_781x525_scrot

3 インストールメディアから起動して、メニュー→システム→DebianDogフルインストールと選択していきます。

2016-08-02-173751_1024x768_scrot

4 インストールするーティションを聞いてきます。ここでは、sdb4を選択しました。あとは、インストールメディアを作成するときに使用した iso を指定して、Installボタンをクリックするだけです。

2016-08-02-174134_655x473_scrot

5 指定したパーティションがフォーマットされますが、続けるかどうかの確認が現れます。当然 YESを選択します。

2016-08-02-174224_405x137_scrot

6 DebianDogのインストールが始まりました。

2016-08-02-174559_1024x768_scrot

7 ブートローダーを作成するかどうかを聞いてきます。OKを選択しました。

2016-08-02-174743_414x165_scrot

8 OKを選択しました。これで、DebianDogのインストール作業そのものは終了です。

2016-08-02-174821_406x137_scrot

9 僕は、PuppyLinuxもインストールしているのでPuppyLinuxを起動してブートローダーを再設定しました。

Screenshot

10 自動的にPuppyLinuxやDebianDog、Windowsを認識しています。OKを選択します。

Screenshot(1)

11 ブートローダーを書き込むためにOKを選択します。これで、PuppyLinux、DebianDogのデュアルブートが可能になりました。後は再起動すれば、DebianDogを楽しむことができます。

Screenshot(2)

明日は、2 軽量ブラウザPale Moonのインストールと日本語化とTorBrowserをインストールします。
 


□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するのに残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。 PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。



□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。



0 件のコメント:

コメントを投稿