グーグルアドセンス



2014年6月16日月曜日

LxPupのインストールからインターネット接続のまとめ

僕が気に入っているPuppy Linux のディストリビューションにLxPup というものがあります。LxPupはLXDEデスクトップ環境を使用したパピーリナックスのバージョンです。LxPupはOpenboxは​​ウィンドウマネージャ、LxPanelX(LxPanelのフォーク)パネルマネージャとのpcmanfmファイルマネージャを提供しています。また、デスクトップの変更は、外観メニュー項目の[オプション]ボタンから利用できます。
軽量でありながら、モダンなLXDEデスクトップ環境を利用でき、しかも小さなISOサイズに収めています。広範なハードウェアサポート(僕は内蔵無線LANの認識に苦労しました。)、多くのアプリケーションを最初から利用できるようになっています。Slackware14.0互換性を持つのバージョンが存在し(PAEと非PAE)、しかもUbuntuのPrecise雰囲気もあります。

2014年6月16日現在、LxPupには2つのバージョンがあります。PAEに内応したLxPup-14.03-s-pae-sp1.isoと非PAE対応のLxPup-14.03-s-nopae-sp1.isoです。僕は古いコンピュータを仕事に活用する方法を研究しているので、コンピュータはPAE対応だったのですが、非PAE対応のLxPup-14.03-s-nopae-sp1.iso
をダウンロードして日本語化しました。ところが思わぬところで、時間を費やしてしましました。 8,999円で手に入れたノートパソコンLet'sNote CF-R7 CF-R7BW5AXS (ACアダプタ付)は小さくて軽いすばらしい機動性をもった
ノートパソコンでしたが、内蔵無線LANがIntel 4965 Wifiであり、非PAE対応のisoファイルでは、無線LANを認識しませんでした。いろいろとしらべているとLxPup14.03 has been updated to the new base: LxPup-14.03-s57-4g-080314.iso  Updated my LXPup to the latest base. New frugal instal, without existing savefile. All good. The Intel 4965 Wifi workingと言う文字を見つけて早速インストールに取りかかりました。


1 
LxPup-14.03-s-nopae-sp1.isoで、インストールCDを作成して、無線LANを認識しようとしても、有線LANしか認識できませんでした。Linux用のIntel 4965のコンパイル用のソースファイルを探しましたが、見つけることができずに途方に暮れていました。

Screenshot_2014-06-15_064145

2 
LxPup-14.03-s-pae-sp1.isoで無線LANを認識できるという情報を手に入れたので、早速インストールCDを作成して、確かめてみました。インターネットの接続を起動しました。接続をクリックします。

Screenshot_2014-06-15_072840

有線あるいは無線LANを選択します。

Screenshot_2014-06-15_072910

僕はいつもFrisbeeを接続ツールとして利用します。

Screenshot_2014-06-15_072941

見事に無線LANを認識sてSSIDを表示しています。

Screenshot_2014-06-15_073022

後は接続用のパスワードを指定します。

Screenshot_2014-06-15_073146

無線LANが有効になりました。
Screenshot_2014-06-15_073343

3 無線LANが使用できることが分かったので、いよいよLxPupのインストールをしていきます。メニューから「セットアップ」「Puppyユニバーサルインストーラー」を起動します。下の画像はわかりやすいように日本語化されたLxPupを使用しています。

Screenshot_2014-06-15_072746

4 僕の場合はハードディスクにインストールしようとしているので、「Internal(IDE or SATA)hard driveを選択します。

Screenshot_2014-06-15_065756

5 インストールしたいパーティションを選びます。MS WINDOWSとデュアルブートを考えている方は、間違っても
MS WINDOWSがインストールされているパーティションを選択しないように気をつけてください。といってもPxPupで多くの仕事ができるのでMS WINDOWSは必要ないかもしれません。

Screenshot_2014-06-15_065841

6 インストール作業が進み、Puppy files がどこにあるか聞いてきます。「CD」を選択します。

Screenshot_2014-06-15_065921

7 無事にインストール作業が終わったら、次にLxPupの日本語化と日本語入力を実行してみます。
まずは、日本語化ファイルをダウンロードしますが、シノバーさんのサイトに最新版の日本語化ファイル lang_pack_ja-1.9.sfs がアップロードされていることを知りました。では、これをlang_pack_ja-1.9.sfs を適用して日本語化してみました。メニューからSFS-Load on the fly を実行します。

Screenshot_2014-06-15_072501

あらかじめダウンロードしておいたlang_pack_ja-1.9.sfs を選択して「+ Load 」をクリックします。設定を反映させるために、再起動をします。

Screenshot_2014-06-15_072549

再起動したら、すんでいる国や時刻、キーボードの種類を設定すれば日本語化は完了します。

Screenshot_2014-06-15_072340


8 きれいに日本語化されたLxPupです。

Screenshot_2014-06-15_072746

9 接続した時の速度も満足の行くものでした。


Screenshot_2014-06-15_073905

10 僕がLxPupをインストールしたノートパソコンです。液晶の大きさが10インチなのですごくコンパクトで気に入っています。

IMG_3903




2014年4月30日水曜日

Windowsに代わるOSで最良のものは

Windowsに代わるOSを探しださないといけませんが、インターネットやメール、ちょっとした文章や表計算をしたのなら、PuppyLinuxで十分だと思います。というか最高の選択でしょう。さくさく動く環境はストレスを感じません。また、多くのアプリケーションも存在しますが、使い方が、MS Windowsと少し異なります。PuppyLinuxより少し重くなりますが、ubuntuを選択するが良いと思います。僕は、ハイスペックのコンピュータを持っていないのでLubuntuが良い選択のような気がしています。個人の趣味ではlinuxBeanがさらに使いやすくていいと思うのですが、

オリジナル版でインストール直後から日本語表示・入力可能になったLubuntuが公開されています。また、 初の LTS 版で、サポート期間は 3年(2017年4月 まで)となっています。ので、オーソドックスな選択となると Lubuntuになると思います。そこで今回はLubuntuをインストールしてオフィスソフトを動作させるまでを書いてみたいと思います。

ある日突然Windowsが使えなくなる

ある日突然Windowsが使えなくなります。こう言うと、そんなことなどあり得ないと思うかもしれませんが、すでにもう経験済みのはずです。Windows XPのサポートが2014年4月9日Windows XPのサポートが終了しました。今後Microsoftからは,セキュリティ更新プログラムや有償サポートの提供,技術情報の更新が得られなくなります。Windows Updateで提供されていた今までのセキュリティ更新プログラムは、今後も提供され続けるものの、新たに見つかるセキュリティ上の脆弱性はそのまま放置されると考えてなくてはいけません。ということは、危険を承知で使うことはできても、公的な仕事にはWindowsは使用できないことにほかなりません。このことは、冒頭に述べた「ある日突然Windowsが使えなくなります」と同じことがおこったことになります。このようなオペレーティング・システム(以下OSと記述します)を使い続ける意味を僕は見出すことができません。すでに、賢明な官公庁や企業ではすでに無料のOS「Linux」を導入し、財政的に優れた取り組みをおこなっているところが多くあります。このブログでは「Linux」を活用してどこまで仕事がこなせるのか、導入からアプリケーションの使い方まで述べてみようと思います。

以下はウィキペディアから抜粋しています。

行政機関・団体での導入事例

徳島県

会津若松市(福島県)

甲賀市(滋賀県)

久喜市(埼玉県)

湖西市(静岡県)

JA福岡市

塩尻市(長野県)

苫小牧港管理組合

企業での導入事例

住友電気工業株式会社

NTTコムウェア