グーグルアドセンス



2018年3月19日月曜日

軽量Linux:Puppy Linux BionicDogにEvernote オフラインGmail Dropboxを導入して クラウド環境を整える!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Puppy LinuxのひとつのPupletsである「BionicDog」は次期Ubuntu Bionic Beaverをベースに開発されていることもあって、まだアルファ版ですが、おそらく近々正式バージョンが発表されるものと思われます。

そういうこともあって、「BionicDog」にクラウド環境を整えて、仕事が捗る仕組みを考えてみました。

やったことは、

1 「BionicDog」のインストール

2 WiFiを認識させるための firmwareの導入

3 無線LAN設定用にfrisbeeの導入(PeasyWifiというツールがデフォルトで入っていますが、慣れていないのでfrisbeeを導入しました。)

4 ランゲージパック lang_pack_ja-2.1.squashfs(sfsをsquashfsに名前を変えたもの)とファームウェアの99-bionic_linux-firmware.squashfs、ブラウザーのpalemoon.squashfs(sfsをsquashfsに名前を変えたもの)をmodulesに入れると最初から日本語表示になって、設定するのに便利です。ただし、ここでは日本語入力はできません。

5 Zstepさんが開発した、scim-mozc-root_3.0.4.4 を導入して、日本語入力 Mozc を利用可能にします。scim-mozc-root_3.0.4.4 (debファイル)をインストールする前に、apt update が必要です。

7 再起動して、デスクトップマネージャーを「Pcmanfm+Lxpanel」に変更すると日本語表記、日本語入力ができるようになります。




8 「Synaptic パッケージマネージャ」を起動して、Chromium 65 をインストールしました。



「 9 同じく「Synaptic パッケージマネージャ」を起動して、wine3.0 と winetricks を導入しました。



10 Evernoteの(Windows版の最新版)やラジオをクリアーに聞くためにRadikoをインストール、そのために前もってwinetrics を起動して、 MS.NET4.0 を導入しました。もちろんこの2つはLinux版は公開されていませんので、wine上で動作させていますが、ネットワークにアクセスするために、MS.NETが必要になります。



11 EvernoteのWindows版、ラジオを聞くためのRadkoをインストールしました。





12 次にDropboxを導入しました。これはLinux用が公開されています。ただし、インストールは「Install+Dependencies」を使って必要なライブラリなども インストールするようにしないといけませんでした。

13 最後にオフラインGmailを導入しました。



EvernoteやGmailがオフラインでも使えるようになったので、すごく便利になりました。





□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE:  僕も使っている楽天カードがお得です!

 ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿