グーグルアドセンス



2018年4月12日木曜日

軽量Linux:Adobe Flash Player が 29.0.0.140に!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


米Adobe Systemsは4月10日、「Adobe Flash Player」の最新版v29.0.0.140を公開しました。

これは、脆弱性を修正した月例のセキュリティアップデートとなっています。

同社が公開したセキュリティ情報(APSB18-08)によると、今回のアップデートで修正された脆弱性はCVE番号ベースで6件となっています。

この脆弱性は、リモートからの任意コード実行や情報漏洩につながる恐れがあり、Windows/Mac/Linux版デスクトップランタイムや「Google Chrome」用プラグイン、「Microsoft Edge」「Internet Explorer 11」用のプラグインのv29.0.0.113およびそれ以前のバージョンに影響すると報告されています。

なお、深刻度の内訳は同社基準で3段階中最高の「Critical」が3件、2番目に高い「Important」が3件となっています。

同社はLinux版を除くすべてのプラットフォーム版で更新プログラムの適用優先度を「2(悪用の可能性は低いが早めに更新するのが望ましい)」と定め、なるべく早いアップデートを推奨しています。

すぐに対策をした方が良いのは言うまでもありません。

TahrPup6.0.6 に導入した 「Chromium 65.0.3325.181」 の 「flash player」を手動でバージョンアップ!

前の記事で、懐かしい「TahrPup6.0.6」に「Chromium 65.0.3325.181」をインストールしたことを報告しました。

今回は、この Chromiumに 最新版の Flash Player を導入します。

Chromiumには Puppy Linux 関連のウェブサイトが公開している ChromiumのSFS形式で無い限り、一般的には Flash Playerはバンドリングされていません。

そこで、まず Flash Player をどこに保存するかを決定する必要があります。

僕は、「/usr/lib/chromium-browser」の中に「PepperFlash」というフォルダを作成して、ここにFlash Playerを保存することにしました。



次に、https://get.adobe.com/jp/flashplayer/ から、Flash Player をダウンロードします。

ダウンロードした「flash_player_ppapi_linux.i386.tar.gz」を解凍すると、下記のようなファイルが生成されます。



この中で、必要なものは、「libpepflashplayer.so」と「manifest.json」のみです。

この2つのファイルを先ほどの 「PepperFlash」にコピーしました。




これで、準備は整いましたが、最後に Flash Player の場所を明示的に Chromium の起動スクリプトに書く必要があります。

僕の使っているスクリプトは下記のようになります。

#!/bin/sh
BROWSER=chromium
flashver=$(grep '"version":' /usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/manifest.json | cut -d\" -f4)
env GTK_IM_MODULE="xim" chromium-browser --no-sandbox --disable-infobars --ppapi-flash-path=/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/libpepflashplayer.so --ppapi-flash-version=${flashver} --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

このスクリプトを chromium.sh で保存し「実行可能」にします。

このスクリプトをクリックすると Chromium が起動しますが、スマートではないので、スクリプトを実行するためのショートカットを作成しました。

実際に、Flash Playerが機能しているか調べました。

Flash Player の状況確認 にアクセスすると、簡単に確認することができます。

木が成長してタイヤのブランコが揺れているアニメーションが表示されました。



「You have version 29,0,0,140 installed」と表示され、Flash Player が最新版になっていることが確認できました。







□□□ 得々情報 □□□

------------------------------------------------------------
□無料のオフィスアプリケーションの紹介
------------------------------------------------------------



---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE:  僕も使っている楽天カードがお得です!

 ネットショッピングでも街でのお買い物でも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まる!一押しの1枚です。

・年会費永年無料
・海外旅行傷害保険付き
・楽天市場でのお買い物はいつでもポイント4倍
・ご利用可能額最高100万円
・入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント!
ただいま新規入会キャンペーン開催中!

詳細はこちら

★本会員様のお申込みと同時に家族カードのお申込みも簡単に可能!家族カード入会でもれなく1,000ポイントプレゼント!(年会費永年無料)





スポンサーリンク



---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。


---------------------------------------------
□あすすめウェブサイト
---------------------------------------------

月10万円の副収入で生活らくらく!
LibreOffice無料で楽しく
Puppy Linux 非公式 サイト
もうWindowsはもういらないの内容を見やすく提供しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿