グーグルアドセンス



2016年12月17日土曜日

軽量Linux:DebianDogにMS OFFICEと互換性の高いWPS officeをインストール!

軽量Linux:DebianDogにMS OFFICEと互換性の高いWPS officeをインストール!







 自宅では、ほとんどLinuxで仕事をしています。文書処理はほとんどテキストエディターで十分ですが、時として、本格的なオフィスアプリケーションを使いたい時があります。

 もちろん、LibreOfficeという優れたフリーソフトもありますが、今回はMS OFFICEと互換性が高いことで有名なWPS OFFICEをDebianDogにインストールすることにしました。

 WPS OFFICEの良い所は、たくさんのOSにl対応しているところやデフォルトで日本語表示ができること、一番は無料であることです。

1 まず、WPS OFFICEのLinux版をダウンロードします。

 urlは https://www.wps.com/office-free となります。

Screenshot from 2016-12-17 05:44:18
 ここで、そのまま「download」としてしまうと、Windows版のWPS OFFICEのダウンロードがスタートしてしまします。ページの上にある「download」をクリックします。するとLinux版の表示が現れます。

2 適当にフォルダにWPS OFFICEのファイルを保存します。

Screenshot from 2016-12-17 05:47:23


3 僕は、ローカルに保存した debファイルをインストールするとき、「gdebi」というコマンドを使います。これは、インストールに必要なファイルがあれば、自動的にダウンロードしてくれるという優れた機能を持っています。

 もし、gdebiコマンドが入っていなかったら、「Synaptic」を利用すると簡単にインストールできます。

4 WPS OFFICEを保存したフォルダに移動して、ターミナルから

 sudo gdebi opera-stable_42.0.2393.85_i386.deb

とすると、インストールが始まります。

Screenshot from 2016-12-17 04:35:39


5 インストールが終了したら、ショートカットをデスクトップに作成しますが、すでに /usr/share/applications にショートカットがあります。これを利用すると良いと思います。そのままデスクトップにドラッグしました。

Screenshot from 2016-12-17 05:59:14


6 WPS OFFICEのワードにあたものを開いたら、右上にある「A」をクリックして、「システム言語」を日本語に設定します。これだけで、日本語化が完了します。

Screenshot from 2016-12-17 06:03:26


7 後の使い方はMS OFFICEと同じです。「ほぼ同じ」ではなく、「まったく同じ」といっても良いくらいです。

ワープロです。

Screenshot from 2016-12-17 06:07:54


表計算です。もちろんグラフも作成できます。

Screenshot from 2016-12-17 06:11:16


プレゼンテーションです。

Screenshot from 2016-12-17 06:15:35


 以前にMS WINDOWS版にKingSoftというものがあり、MS OFFICEとそっくりな使い勝手でしたが、WPS OFFICEも同じ企業が開発したこともあり、MS OFFICEとの互換性が高くなっていると思います。

 日本語化が簡単にできたり優れたところもたくさんあります。

---------------------------------------------
□この時期に役立ちそうな記事
---------------------------------------------

---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いましたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



---------------------------------------------
□ぷーたろーの飄々日記
---------------------------------------------

 TITLE 今日も寒いです

 もしかしたら、明日は雪かも・・・。戌年なので、雪になると意味もなくうれしくなります。




---------------------------------------------
□本当に必要なOSの選択とは
---------------------------------------------

 自分たちにとって本当に必要なOSとは何でしょうかまず、思いつくのは仕事に必要なOSです。それは、高価なOSでないとできない仕事ですか?文書が作成できて、インターネットができることで9割以上は大丈夫だというなら、無料のOSも考えてみたらどうでしょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿