グーグルアドセンス



2016年9月13日火曜日

軽量Linux:Debianベースの軽量linux antiXに超軽量ブラウザのOperaの最新版を手動でインストール!

軽量Linux:Debianベースの軽量linux antiXに超軽量ブラウザのOperaの最新版を手動でインストール!








 Debianベースの軽量linux antiXに超軽量ブラウザのOperaの最新版を手動でインストールすることに挑戦しました。あらかじめ用意されたパッケージマネージャーを利用して、アプリケーションをインストールする方法も良いと思いますが、手動でアプリケーションをインストールする方法を知っておくと何かと便利です。

軽量で有名なブラウザOperaもパッケージマネージャーになかったので、手動でインストールすることにしました。

1 まず、準備をします。依存関係の解決

ローカル保存したdebパッケージをインストールする際にはdpkgコマンドを使うかと思いますが、このコマンドは依存関係の解決をしてくれません…。依存関係とはインストールしようとしているアプリケーションが依存するライブラリなどのことを指します。依存するライブラリがなければアプリケーションは一部の機能が使えなかったり、正常には動かないのです。依存するライブラリ等が少なければいいのですが、かなり多いアプリケーションもあり、僕のような初心者には依存関係の解消は少し荷が重たいので、できれば自動的に依存ライブラリ等のインストールをしてもらいたいものです。

 そこで、ローカルインストールでも依存関係を解決できるようにします。

 debian/ubuntu系を使っている人にはgdebiの出番となります。gdebiは、ローカル保存したdebパッケージを依存関係を解決してインストールしてくれるコマンドです。リポジトリには最新版パッケージはないですが、アプリケーション開発元のサイトに最新版パッケージが置かれていることはよくあることですね。ローカルパッケージをインストールする際に、gdebiを使うとうまくいきます。インストールに使うにはまずgdebiのインストールが必要です。

# sudo apt install gdebi -y

 これでgdebiが使えるようになるはずですが、うまく行かなかったらSynaptic パッケージマネージャーからインストールすればよいでしょう



2 使い方使い方は簡単で、以下のようにします。

># sudo gdebi hoge.deb

オプションもほとんどなく、簡素なコマンドです。ほとんどパッケージを指定するだけです。

 これで、準備が整ったので、いよいよOperaをダウンロードします。

3 超軽量ブラウザ Opera のダウンロード

Operaのダウンロードは

http://www.opera.com/ja/computer/linux から行えます。

ダウンロードして、適当なフォルダに保存します。



4 次にターミナルを起動して、Operaを保存したフォルダに移動し、

>sudo gdebi opera-stable_39.0.2256.71_i386.deb

とします。



これで、依存関係を解決して、Operaの最新版がインストールできるはずです。

簡単にOperaを起動するために、Operaのショートカットを作成しました。



 早速Operaを起動してみました。



 実は、この記事もOperaで書いていますが、実に軽快です。

---------------
□広 告
---------------

□コンピュータ関連の機器は断然ネットショップが安い気がします。探せば送料無料のものもたくさんあり、僕は、楽天やアマゾンを良く利用しています。また、製品の評価もネットでは沢山あるので、ひょっとしたら、実際に店員さんに聞くより正確かもしれません。
☆おすすめのノートパソコン タブレット もこちらで購入することもできます。


----------------------
□僕のLifeWork
----------------------
 僕のLifeWorkはお金をかけずに生活を楽しむことです。特にコンピュータ関係はインターネットなどの発達により、日常的に使うのが当たり前になってきました。次々と新しいコンピュータやオペレーティング・システムを購入するお金はありません。そこで、無料のLinuxを使ってネット生活をしていますが、その中でも、PuppyLinuxという軽量で魅力あるオペレーティング・システムについて学んでいます。

□ 安全なPuppyLinuxの使い方

ハードディスクはそのままでMS WINDOWSを動作するために残しておき、軽快なPuppyLinuxを使いたい時はUSBメモリーにインストールして、動作させれば安心です。そのUSBメモリーの費用は1000円を切ります。僕はアマゾンで並行輸入版のUSBメモリーをたくさん買いますしたが、32GBで910円、送料も無料でした。

ぜひ、PuppyLinuxを代表とする軽量Linuxを試してみてください。MS WINDOWSで時々体験する待ち時間がうそのようになくなるはずです。

□ フラッシュメモリは安価な並行輸入版

フラッシュメモリは安価な並行輸入版で十分ではないでしょうか?品質は全く同じです。僕は安いフラッシュメモリを買って、LinuxなどのOSをインストールして楽しんでます。
PuppyLinuxを使うのにそれほど高価なコンピュータを購入することはありませんが、僕のように、そればかりを使う人も少ないと思い、MS WINDOWS 10も動作するコンピュータを選んでみました。

□ アマゾンではこんな価格で販売されています。何とか手が届きそうな価格ですね。
ノートパソコンやモバイルパソコンは、日常的に使うようになってきました 。毎日使うものには、少しお金をかけてもいいかもしれません。



スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿